結構笑える Question Pool

Question Pool の中には、 消去法で回答できるものも結構あります。 要は、 「それはないだろう」というのを消していけば、おのずと正解だけ残る、 というものですが。

「それはないだろう」の中には、 受け狙いともとれるものが結構あります。 夜中に何度もクスクス笑ってしまいました。

以下、 主として TECHNICIAN 級問題から。 うろ覚えで間違っている部分もあるかもしれませんが、 ニュアンスだけでも。。。

QSO 中、非常のコールが入ったらどうするか
パワーを上げて QSO を続ける
「これは俺の周波数だからどけ」と伝える
自分が混信を与えている (与えられている) と気づいたらどうするか
パワーを上げて QSO を続ける
リニアアンプのスイッチを入れる

この、パワーを上げてというのは何度も出てきます。 いかにもアメリカっぽい!?

非常用キットとして準備するのに、適切なものはどれか
1.5キロのリニアアンプ
隣人に TVI を与えたしまった時、どうするか
「俺は免許を受けているのだから、できることは何もない」と隣人に告げ、運用を続ける
他局の交信を「故意に」妨害して良いのはどんなとき?
混んでいるバンドでは仕方がないので、故意に妨害して良い
免許を取ったばかりのオペレータが間違ったことをしている、どうするか?
「勉強してわかるようになるまで、引っ込んでいろ」と言う

これなんかは、国内でも実際に耳にします。 困ったものです。 特に初心者のミスには、寛容でなければいけません。 なぜ、丁寧に教えてあげることができないのでしょう。 そんなことをしていては、底辺は広がらず、衰退します。 アマチュアコードには「アマチュアは、親切であること」と書かれています。 もちろん、 初心者の方にも、努力して向上しようという姿勢が必要です (「アマチュアは、進歩的であること」)。 双方あいまって、はじめて全体レベルの向上が見込まれるものと思います。

***

逆に、 ほー、と思ったもの。

停電時、発々の電力をコンセントから屋内配線に給電するのが愚かな理由は何か?
正解: 電力会社の修理員が感電する


上を書いた後、 米国内で VE をしていた友人から意見をいただきました。

これらは、本当にそういう人がいる (いた) のでわざわざ書いてあるそうです。 ライセンスを受けた人の「権利」と「義務」を明確な事例に基づいて書いておかないと、 すぐに訴訟問題に発展するお国がらなので、 ということだそうです。

***

もちろん、無線をしたことがない人が、 はじめて TECHNICIAN を受ける場合は何も知らなくて当たり前ですので、 「運用したことがある人にとって、笑える」ということで。。。

最終更新日: $Date: 2010-04-20 12:06:53+09 $

Copyright (c) 2008,2010 Toshiki Fujiwara, All Rights Reserved