JJ1AFP・JG1EEZ 有間峠移動

2010/12/31 埼玉県飯能市 (JCC #1309)

JJ1AFP・JG1EEZ で埼玉県飯能市の有間峠に移動してきました。

ここは昨年の大晦日に、 8J1ASAHI の最終日に移動した場所です。 ロケーションが素晴らしかった記憶があり、 一年後に再度実行を試みました。

2010年移動のしめくくりに、 50MHz~430MHz までオンエアしようと勇んで 5am 起きで出かけたものの、 トラブル続きで 50MHz のみのオンエアとなってしまいました。

峠から有間ダム (名栗) 方面の景色。天気が良ければ都内一円が見渡せます。 144MHz クロス八木組み立て中。 クロス八木組み立て中、その 2。 4エレ 位相給電 quad 組み立て中。たび重なる酷使でトラブルが。。。

まず JG1EEZ 作のクロス八木が不調。 見たところどこもおかしくないのに SWR が下がらず、 使用を断念。 もともと衛星をしに来たわけではないので、 GP で運用することに。

次は、 いつも使っている 4エレ 位相給電の quad が絶不調。 なぜか共振点が 54MHz くらいに上がってしまい、 50.2 付近では SWR 4 (?)。

気を取り直し、 50MHz GP、 144/430MHz モービルホイップで運用しようとしたところ、 今度は 2台目の FT-897 のマイクが不調。 PTT は効くものの音声が入らず変調がかかりません。 移動には修理道具一式持って行っていますが、 がっかりして修理する気にもならず orz...

とりあえず 50MHz だけ GP で運用を始めました。

設置完了後、アンテナ全景。 JG1EEZ 運用中。

EEZ が GP で 50MHz 運用の間、 4エレ quad を再点検。 どうやら毎度の酷使とメンテナンス不良のおかげで、 マッチング機構が接触不良していたようで、 各部の分解組み立て直し・増し締めで復活しました。

IMG_1146.JPG 復活後は絶好調で、 ロケーションの良さと相まって、 各地にかなり強烈な信号を送りこめたものと思います。 各局の電波もかなり強力に入感していました。

最後のトラブルはキーヤー (右) で、 機構部品をなくすため、 パドルの代わりにタッチセンサを使ったものを自作して持って行きました。 当初、全部 TTL/CMOS ロジックだけで作りましたが、 CQ だけでも自動送信が欲しいので、 前日に PIC (ソフトウェア) 版を作製、 これを載せました。

が、 現地ではタッチセンサの不調から、 どうして長点に続く短点がうまく出ず、 特に「Y」や「N」が何度やっても出せません。 皆さんに呼んでいただいて応答しようとしてもうまく打てず、 焦りまくりでした。 タッチセンサは人体の静電容量を検知しているのですが、 まわりや人間の状態でかなり感度が変わってしまいます。

仕方なしに途中で普通のパドルに交換したものの、 リグ内蔵のキーヤーでは速度を簡単に変えられず、 また内蔵キーヤーをオフにしていたため、 これの切り替えにも手間取って余計あせってしまいました。

***************

いろいろ教訓。

しばらく移動をしておらず、 機材のメンテナンスもサボっていたつけが出たようです。

機材は、頻繁に使っていると以外と壊れません。 たまに使う程度であれば、 ちゃんとメンテナンスが必須ですね。 特にアンテナは、 10月の全市全郡参加時、 大雨の中一日酷使した後、 メンテもせずにほっておいたのがいけなかったようです。。。

***************

大晦日にもかかわらず、 非常に多くの方々にお声掛けいただきました。 ありがとうございました。

皆様、 2011年もよろしくお願い申し上げます。

最終更新日: $Date: 2011-01-04 00:19:51+09 $

Copyright (c) 2008,2010 Toshiki Fujiwara, All Rights Reserved