JJ1AFP/JG1EEZ/JI1WWB・八溝山移動

2010/2/27 福島県東白川郡棚倉町 (JCC #07014C)

八溝山は茨城・栃木・福島の県境にあるのですが、 /7 で運用するのはなかなか難しいものがあります。

大田原から山に登る尾根筋の道路があるのですが、 ここは県境ではありません。 県境はこの道路の北側を通っています。 道路の南側は崖で、 南、つまり関東方向が完璧に開けています。 この道路で運用すれば、 ロケーション的に何の問題もないのですが、 ここでは /7 になりません。

道路の途中 (山頂より大田原側に少し下った場所) に北側に向かって枝道の林道があり、 この林道に入って少し北側にずれないと、 /7 にならないのです。 ちょっとした差なのですが、 林道に入ると山影になってしまい、 見通しが失われます。 今回は /7 で運用したかったので、 林道に入って運用しましたが、 430/1200 はかなり苦しかったです。 50/144 も、思ったよりは飛びませんでした。

なお、 山頂は県境ですので、 車の中での運用をせずに、 機材を持って登れば快適な /7 運用が可能です。

***

今回は 0530 に横浜を出発、 東北自動車道で矢板 IC まで行き、 大田原側からアクセスするルートをとりました。 途中、 何ヶ所か運用場所候補を偵察しつつ移動したため、 運用開始は 1130 ころになってしまいました。

林道入口にある標識です。 林道を入ってすぐ、雪が残っていました。雪タイヤで行ったのでセーフ。

今回は、 50MHz では、制作中のHB9CV 4ele Quadをテストで使ってみました。 家での実験ではまだ満足な結果は得られていませんが、 調整を兼ねて運用するつもりで持って行きました。 が、 朝からの雨と強烈な風で、 指は凍えるし、 とてもとても調整できるような状態ではありませんでした。 風が強いので壊れないかと心配になり、 せいぜい 2mH くらいで設置したのですが、 それでも相当に揺れていました。 耐風強度はわりとあることが確認できましたので、 それだけでも成果かもしれません。

踏みたて君で 2mH に上げた 4ele Quad。 4ele Quad のアップ。6m 用とは言え、大きいです。ブーム長さは約 3.5m。 6m/SSB 運用中の JG1EEZ。 後部座席では 2m/SSB を運用しました。

430MHz/1200MHz 担当は JI1WWB。 奥まったロケーションでの UHF はちょっと厳しかったようです。

430MHz と 1200MHz のアンテナ。小さくて済むのがメリットです。 ちゃんと運用してる!? この車で林道まで入り込んで運用した熱意には、頭が下がります。

朝からの雨と風で、 アンテナをいじっていると指先が凍えるくらい寒かったのですが、 1600 ころに突然薄日がさして来ましした。 1700 に撤収、 山頂に登って神社にお参りしてから帰りました。

山頂への道路で南側を向いて撮った光景です。木の向こう側は関東方面がフルオープン。ただし、ここで運用すると /1 になります。 山頂にて。山頂には、車を降りて 3分歩けば登ることができます。JG1EEZ・JJ1AFP 山頂にて。JJ1AFP・JI1WWB

山頂の展望台。暗くなってきたせいもありますが、ちょっと不気味でした。ちなみに、入口には鍵がかかっており、入れませんでした。

朝、0300に寝て 0500に起きての一日でしたので、 結構疲れましたが、 楽しい運用でした。

QSL-八溝.JPG お世話になったあさひ無線愛好会ならびに横浜電子工作連絡会の皆様、 QSO いただいた各局、 ありがとうございました。 左のようなカードを発行させていただきました。

最終更新日: $Date: 2010-05-05 22:33:18+09 $

Copyright (c) 2008,2010 Toshiki Fujiwara, All Rights Reserved