衛星用アンテナ (JG1EEZ)

Special thanks to JR6JA and 7N4MIS.

工作会リンク

衛星通信をはじめてみようと思い、 円偏波対応のアンテナを作ってみることにしました。

IMG_0621.JPG IMG_0626.JPG

アンテナの仕組みは横浜電子工作連絡会の JR6JA さんに教えてもらい、 エレメントをとめる部品は同 7N4MIS さんにもらいました。

衛星でない普通の QSO に使えるかもためしてみたいので、 まずはアップリンク用の 144MHz クロス八木からとりかかりました。

SAT144-01.JPG

しくみ

水平と垂直の八木を同じ軸の上に作り、 右の図のように位相を 90°ずらして給電します。 これにより、水平と垂直のエレメントが交互に動作し、 円偏波となります。

位相を 90°遅らせるには、 1/4λの同軸 (3D2V) をかませます。 この同軸の中を電波が通る分だけ、 位相が遅れることになります。

実際には

(300/145MHz)/4)*0.65=33.6cm

くらいの長さになります。 ここで 0.65 は 3D2V の短縮率です。

工作

IMG_0626.JPG

SAT144-02.JPG SAT144-03.JPG SAT144-04.JPG SAT144-05.JPG

最終更新日: $Date: 2011-05-16 23:47:17+09 $

Copyright (c) 2008,2010 Toshiki Fujiwara, All Rights Reserved